ナルコレプシーにはどんな症状があるのか

ナルコレプシーにはどんな症状があるのか

スポンサーリンク

ナルコレプシーにはどんな症状があるのか

ナルコレプシーの主な症状について

ナルコレプシーという病気の認知度はそれほど高くありません。この名前を知っているかと聞いても知らないという方が多いでしょう。

 

この病気は、睡眠障害の一種です。とは言ってもよくある眠れない病気、いわゆる不眠症とは違います。最も代表的な症状としては、夜間十分に睡眠時間が確保できていても日中に急激な眠気に襲われるというものなのです。

 

また、その他にも特徴的な症状もあります。喜び、驚き、悲しみなど感情が大きく動いた際に身体が脱力してしまう情動脱力発作というものや、入眠時に幻覚やリアルな悪夢を見てしまう入眠時幻覚、さらには睡眠に入る際に身体が動かなくなる睡眠麻痺、いわゆる金縛りなどがあります。

 

ナルコレプシーの問題点

実は、このナルコレプシーという病気は、日本ではそれほど珍しいものではありません。

 

日本人の場合、600人に1人はこの病気を持っていると言われています。ただ、確定診断をされた患者はかなり少なく、それが認知度の低さにも繋がっています。というのも、日中急激な眠気に襲われるという症状をみても、周囲は睡眠不足だったり不摂生だったりが原因ではないかと思い、自分自身でも病気だとは気付かずにいるといった例が多いからです。

 

しかし、ナルコレプシーは重度となると日常生活に困難をきたします。特に会社員など日中労働していたり、車をよく運転する人にとってはかなりの障害となる病気です。情動脱力発作についても、重度になると倒れ込んでしまったりということもあるようです。

 

症状について思い当るところがあるという方は、早めに医療機関を受診しナルコレプシーかどうか検査してもらうことをお勧めします。

スポンサーリンク