ナルコレプシーと睡眠時間について

ナルコレプシーと睡眠時間について

スポンサーリンク

ナルコレプシーと睡眠時間について

ナルコレプシーと強い眠気

通常は7時間から8時間ほどの、夜の睡眠を確保することで、人間は元気に明るいうちは行動ができます。しかし昼間の最も人間が活躍できる時間帯に、ナルコレプシーは強い眠気がやって来るのです。強い眠気がやってくるのは、時間や場所には関係がないのです。そして眠り病であるナルコレプシーは、日本人に多い対応の睡眠障害でもあります。

 

本人が無意識の間にも、強緊張を感じているときであっても、眠りに落ちてしまうことはあります。ただ眠りに落ちると言いましても、そのまま夜のような長時間睡眠にはなりません。昼間のうちにやってくる強い眠気は、眠りに落ちても5分から30分程の時間であるために、短めでもあります。その眠りから目が覚めると、意外とすっきりしているのです。でも、その眠りで完了ではなく、しばらくしたらまた強い眠気がやってきます。

 

睡眠時間をしっかりとっても眠い症状

通常なら、睡眠時間をそれなりに取れば、日中は眠さとはほとんど無縁で、元気に仕事や家事にも頑張れるものです。しかしナルコレプシーのように、睡眠障害である、過眠症を抱えてしまうことで、日中でも眠いという症状が出てきてしまうのです。

 

この症状は慢性的なものであり、仕事中であろうが、食事を食べている時であっても、運転中でも起こる可能性があります。この症状を改善していくためには、病院での相談になります。

 

治療方法としては、ナルコレプシーを改善していくために、医薬品の服用による治療が、主な方法になります。薬物には種類がありますので、昼間の間の眠気を軽減させるために、朝の服用で日中の間効果の持続をするような医薬品は、利用がしやすいでしょう。

スポンサーリンク