ナルコレプシーにコーヒーは効果がある?

ナルコレプシーにコーヒーは効果がある?

スポンサーリンク

ナルコレプシーにコーヒーは効果がある?

ナルコレプシーにコーヒーは基本的に効果は無い

ナルコレプシーは突然強い眠気に襲われる症状ですから、その眠気を予防するために覚醒作用のある物質を摂り入れようとする人はかなり多いものです。

 

ただしかしナルコレプシーへの対処としてコーヒーに含まれるカフェインが有効かと言われると、残念ながらこれは効果は無いと断言して良いでしょう。

 

そもそもナルコレプシーによる睡眠発作はカフェインで対処できるような普通の眠気や中枢神経の働きによるものではありません。

 

まだ完全に解明されているわけではありませんが現段階の研究ではオレキシンという神経ペプチドの働きの以上によって睡眠がコントロール出来なくなっているというのが原因であり、カフェインいくら覚醒させようとしても睡眠を管理するオレキシンが存在しない、もしくは著しく少なくなっている以上、覚醒させること自体が困難なわけです。

 

むしろカフェインの摂取はわずかに残った眠りを管理する能力を阻害する恐れすらありますから、嗜好品としても、眠気対策としてもあまりおすすめはできないと言って良いでしょう。

 

重要なのは眠ること

ではどうすれば対策が出来るのかと言うと、一番重要なのはコーヒーなどのものに頼って眠気を消すのではなく、眠気をある程度受け入れることです。

 

これはもちろん「眠い時はいつでも寝るべきだ」というわけではなく、眠気は来るものと考えて眠れるときに眠っておくことを指しています。

 

例えば会社で働いている間も常に起きていなくてはならないわけではなく、昼休みなどの時間を見つけて軽い仮眠を取ることは可能です。

 

仮眠をとることでナルコレプシーの眠気をコントロールできるようになったと言う人は少なくありませんから試してみる価値はあります。

 

また普段の生活を一定のリズムに保つことで体に眠りの時間をたたき込む、薬で体のバランスをコントロールするなどの方法もあるわけですから、コーヒーなどで対症療法をするのではなくしっかりとした治療に基づいて改善を目指すようにしましょう。

スポンサーリンク