ナルコレプシーの症状を改善するには

ナルコレプシーの症状を改善するには

スポンサーリンク

ナルコレプシーの症状を改善するには

ナルコレプシーの症状とは

ナルコレプシーという病気は認知度があまり高いものではありません。啓蒙活動などは現在も行われていますが、それほど広まっていないのが現状です。

 

そもそもこのナルコレプシーというものがどんな症状を起こす病気かというと、一言で言えば、「眠くなる」病気です。夜間の睡眠時間が確保できていても日中何度も眠気に襲われるのがその主症状で、酷くなれば仕事や日常生活にかなりの支障がでます。

 

その他の症状として喜び、悲しみ、驚きなどの感情が大きく動いた時に脱力症状を示す情動脱力発作というものがあるのですが、これも重度となると突然倒れ込んだりしてしまうほどとなります。

 

症状を改善するには早めに医療機関へ相談すること

では、ナルコレプシーの症状は改善できるのでしょうか。

 

実は、この病気を完治させることはまだ難しいのが現状です。しかし、症状を抑えることは十分に可能となっています。そしてそのためには、できる限り早めに医療機関へ相談をすることが重要となります。この病気の厄介なところは周囲からは単に寝不足だと思われたり、自分自身でも病気だとはなかなか気付かない点です。

 

症状が重度となっても病気だとは思わず、思い悩んでしまう例が多くあります。ですが、この病気はそれほど珍しいものではありません。日本人の場合、600人に1人は発症すると言われています。

 

ナルコレプシーには上で挙げた症状以外にも、入眠時に幻覚やリアルな悪夢を見てしまう入眠時幻覚という症状や、同じく入眠時に身体が動かなくなる、いわゆる金縛りと言ったものがよく見られます。

 

日中の酷い眠気に悩まされていたり、上で挙げたような特徴的な症状が見られる場合には、できる限り早めに医療機関へ相談しナルコレプシーかどうかの診断をしてもらうと良いと言えるでしょう。

スポンサーリンク