ナルコレプシーの治療費を軽減させる方法

ナルコレプシーの治療費を軽減させる方法

スポンサーリンク

ナルコレプシーの治療費を軽減させる方法

治療費を軽減させるには

1度ナルコレプシーと診断されると治療期間はかなりの長期間になります。長い場合だと10年から20年程度は精神科や睡眠外来に通院しなければならなくなります。通常の国民健康保険や健康保険だけであると治療費は3割負担となり、かなりの金銭的な負担が発生します。

 

そのような場合に力になるのが障害者総合支援法による自立支援医療という制度です。こちらの制度を利用するとまず医療費が3割負担から1割負担になります。その上で月額上限枠が設定されます。

 

仮に月額上限枠以上の医療サービスを利用した場合にはその分の医療費は無料となります。仮に精神科のデイケア・デイナイトケア・訪問看護などのサービスを全て利用した場合でも月額上限枠以上の医療費は必要ありません。

 

ナルコレプシーで入院した場合でも医療費を軽減させることができる

ナルコレプシーでも症状がひどい場合には精神科や睡眠専門の病院に入院する必要があります。その場合何もしないとかなりの医療費がかかります。そのような場合には高額療養費の限度枠申請をしておくと良いです。

 

通常の場合先に医療費を支払い、後で高額療養費が払い戻しされます。この場合だと多額の医療費を準備しておく必要があります。しかしこの制度を利用すると最初から高額療養費が差し引かれて医療費を請求されます。そのため通常の場合よりもかなり負担額が少なくなります。

 

こちらの制度を利用する場合には自身が加入している医療保険に入院する前に限度枠申請をしたいと伝える必要があります。申請したらすぐに限度枠の認定証を発行してもらう事ができます。その際に入院予定日数を伝える必要があります。

スポンサーリンク