ナルコレプシーを治療することは出来る?

ナルコレプシーを治療することは出来る?

スポンサーリンク

ナルコレプシーを治療することは出来る?

ナルコレプシーを治療することは出来る?

ナルコレプシーは世界中で研究が進められているにも関わらずまだ根本的な原因が明らかになっていない症状です。

 

根本的な原因がわからないということはどこを治せば良いということもわからないということですから、現代の医学で考えるのであれば残念ながら根本的な治療は難しいと言わざるを得ません。

 

一応遺伝的要因やオレキシンという神経ペプチドの働きが関係しているだろうという点までは突き止められたものの、その原因を取り除く方法はまだ発見されていないのです。

 

しかしこれはあくまでも「根本的な治療がまだ難しい」ということでしかなく、対症療法ということであればいくつかのアプローチがすでに発見されています。

 

そのためナルコレプシーを患ってしまった場合には、そのアプローチを知って実践して行くことが必要になるでしょう。

 

ナルコレプシーに有効な対症療法とは

ではナルコレプシーに有効な対症療法としてはどういったものがあるのかというと、まず挙げられるのは「自分から寝ること」です。

 

この症状は睡眠発作、すなわち突然襲ってくる眠気によってさまざまな問題が引き起こされるものですが、この眠気は事前に睡眠を取ることでコントロールが可能です。

 

例えば業務中に睡眠発作が発生するのを防ぐのであれば、昼休みの間に少しだけ寝るというようにすればある程度の対策が立てられます。

 

またこうした生活改善以外のアプローチとしては投薬治療も効果があります。

 

睡眠発作に対しては中枢神経刺激薬、情動脱力発作や入睡時幻覚には抗うつ剤やセロトニン再取り込み阻害薬といった薬が処方されますが、こうした薬を服用すればそれぞれの症状はある程度のコントロールが可能です。

 

薬を使うことに抵抗感を感じる人は少なくないですが症状が重いとなるとやはり薬を使ったコントロールも検討するべきとなりますから、こうしたアプローチがあるということは知っておきましょう。

スポンサーリンク