ナルコレプシーと無呼吸症候群との違いとは

ナルコレプシーと無呼吸症候群との違いとは

スポンサーリンク

ナルコレプシーと無呼吸症候群との違いとは

突然の強い眠気や、幽霊や金縛りにあう睡眠障害、ナルコレプシー

日中に突然強い眠気に襲われるナルコレプシー。30分ほどで目が覚めて何事もなかったように行動できますが、車の運転中や料理の最中にも眠気に襲われるため、注意していないと危険な病気でもあります。また、会議の最中等であれば周囲の誤解も招きかねません。

 

この他にもナルコレプシーには、普通であれば寝付いたら深いノンレム睡眠から眠りに入るはずが、浅いレム睡眠から睡眠が始まるという特徴があり、寝入りばなに幻覚や幽霊を見たり、金縛りにあうこともよくあります。

 

またノンレム睡眠とレム睡眠が切り替わるときに目が覚めるという性質もあるので、その時にも体は動かないのに意識があるという金縛り状態に陥ります。中には、とてもうれしいことがあったりして興奮状態になると、急に体の力が抜けてしまうカタプレキシーという症状が出る人もいます。

 

日本人では600人に1人がかかっているとされますが、よく知られていない病気なので周囲の理解が得られず、苦しい思いをしている患者さんも多くいます。

 

無呼吸症候群との違い

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に筋肉が緩んで気道が塞がることや、もしくは脳の呼吸中枢に異常があることから生じる病気で、眠っているときに呼吸が停止したり、十分な呼吸ができなくなることを主な症状としています。いびきや歯ぎしりがひどい人も多く、しばらく呼吸が止まったような状態から急に大きないびきをかくのが特徴です。

 

無呼吸症候群でも夜に何度も目が覚めたり、日中に耐えがたい眠気に襲われますが、レム睡眠やノンレム睡眠といった睡眠サイクルとはあまり関係がないので、金縛りや幻覚は特に起こりません。

 

また、ナルコレプシーが脳の神経伝達物質の不足によって起こり、睡眠サイクルの異常があるのに対し、無呼吸症候群は物理的な気道の閉塞を原因とする睡眠障害から様々な症状が出ています。

スポンサーリンク